[PR]

 国民民主党の代表選が8日告示され、党役員室長の伊藤孝恵参院議員(45)と玉木雄一郎代表(51)の両氏が立候補した。衆参16人の小政党で党勢は低迷するなか、党の「顔」選びを無投票にせず、選挙戦の討論会などを通じて、アピールする狙いがある。

 9月の結党以来初の代表選で、18日の臨時党大会で投開票される。新代表の任期は2023年9月まで。両氏は立候補届け出後、共同記者会見した。

拡大する写真・図版国民民主党代表選の共同記者会見で質問に答える伊藤孝恵参院議員(左)と玉木雄一郎代表=2020年12月8日午後3時31分、国会、山下龍一撮影

 伊藤氏は元民放記者で、参院愛知選挙区選出の当選1回。「選択肢のない政治は腐敗すると訴えてきた。代表選を無投票で終わらせることはできない」と強調。2児の子育て中であることを踏まえ、「我が家には待機児童がいる。子ども子育て政策が政治の1丁目1番地だ」として、「子ども子育て省」を創設したいとした。

 これに対し、玉木氏は衆院香川…

この記事は有料会員記事です。残り213文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。