拡大する写真・図版藤堂家覚書と石水博物館の桐田貴史学芸員=2020年12月4日、津市垂水

[PR]

 戦国武将で津藩の初代藩主、藤堂高虎に関する新たな一代記が、津市垂水の石水博物館で見つかった。高虎の死後、約10年後に書かれたもので、現存する高虎の伝記の中では最古の文書とみられる。

 博物館によると、新たに見つかったのは「藤堂家覚書」と題した古文書。この覚書は1641(寛永18)年7月3日、藤堂家に提出された1本の巻物で、長さ約8メートル。継ぎ紙で裏打ちもなく状態は良好で、作成当初の原形をとどめている。末尾に藤堂家の重臣ら8人の花押(サイン)があり、本物と確認したという。

 この年、3代将軍徳川家光の命により、全国の藩と旗本で家系図(寛永諸家系図伝)の編纂(へんさん)が始まった。各藩の徳川家への忠節の実績や、徳川家との関係の濃淡を「公式文書」として残すためだ。覚書は、津藩で作られた下書きだという。

拡大する写真・図版藤堂家覚書=2020年12月4日、津市垂水

 文字数は約7千字。当時の公式文書には珍しく、ひらがな交じりの口語体で記されている。高虎の死後、古参の家来らから聞き取って記したオーラルヒストリーとみられる。幕府から命令が下されたのがこの年の2月。急ピッチでまとめられたようだ。

 そこには、高虎が父とともに浅井長政に仕官し、織田信長と徳川家康の連合軍と戦った姉川合戦(1570年)から、江戸の上野東照宮の建立(1627年)まで、半世紀あまりの高虎の半生が記されている。

拡大する写真・図版津城跡の藤堂高虎像=2020年12月6日、津市丸之内

 具体的には、長政の後に仕えた…

この記事は有料会員記事です。残り995文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。