[PR]

 「ララちゃんランドセル」で知られる羅羅屋(本社・埼玉県川口市)の工場が福島県会津若松市にある。進出のきっかけとなった東日本大震災は、安東裕子(ひろこ)社長自身の悲しい記憶と重なる。「子供たちのため、地域のため、社員のため」という思いを胸に、ランドセルを作り続ける。

 安東さんの夫・重(しげる)さんが1974年に創業し、当初は他社のランドセルを仕入れて売っていた。「お客様に近い私たちがランドセルを作れないものか」と考え、99年に本社工場で自社生産を始めた。

 羅羅屋のランドセルの売りは、オーダーメイドだ。ネーム刺繡(ししゅう)や縫製の糸、へりの色などを変えられ、組み合わせは実に31億通り。ホームページで「世界でたったひとつのランドセルを。」とうたう。社名にある「羅羅」はイタリア語で「貴重なモノ・まれなモノ」の意味という。

     ◇

 今では当たり前のカラフルなランドセルも、いち早く採り入れた。肩部分の「マジかるベルト」は脱着でき、別のデザインのものに取り換えられる。洗えて清潔感が保てるとコロナ禍で注目される。

 会津若松市に工場をつくる発端…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら