「自分を捨てろ」瀬古氏が公開説教 福岡棄権の神野に

有料会員記事

堀川貴弘
[PR]

 6日に開催された福岡国際マラソンに出場し、28キロ地点で棄権したプロランナー、神野大地(セルソース)が瀬古利彦氏から“公開説教”を受けた。

 神野らが立ち上げたスポーツ事業「RETO PROJECT」の発表会が8日、東京都内であり、そこで両者が対談。日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古氏から叱咤(しった)激励された。

 「プロだから結果を出さないといけないと思いすぎて走りが硬い。一回、『神野大地』を捨てて、プロ意識から解き放たれないといけない」

 序盤は先頭集団についていく…

この記事は有料会員記事です。残り548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。