[PR]

 コロナ禍を受けて、神奈川県が横浜、川崎両市で酒類を提供する飲食店、カラオケ店に求めた時短営業の期間が7日始まった。県は17日まで、午後10時~午前5時は営業を自粛するよう求めている。横浜屈指の飲み屋街として知られる野毛でも、午後10時になると店の明かりが次々と消えた。

 「終わっちゃった?」

 「10時閉店なんです。すいません」

 7日午後10時過ぎ、野毛の飲食店の店先では、店員が客にこんな断りを入れていた。目当ての店の看板が暗くなっているのを見た若いグループやカップルが、「もう閉店だって」「うわー、やってない」などと嘆く姿もあった。

 看板の明かりが消えた店を後にして路上で友人と談笑していた会社員の女性(25)は、季節によっては月4、5回ほど野毛を訪れるという。早々と街の明かりが消える7日の様子に「すごい静か」と驚いていたが、「寂しいですが、飲むのを我慢する時期なんでしょう」。

 客がいれば午前2時ごろまで営業するという居酒屋は、17日までは午後10時で店を閉めることを決め、店先に貼り紙をした。店主の男性(62)は店じまいをしながら「普通なら(客を)入れている時間に帰さないといけないのは、やりづらいよ」とこぼした。

 もともと月曜日は客入りが少な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら