[PR]

 国連総会(193カ国)は7日、日本が提出した核廃絶決議案を賛成150カ国、反対4カ国、棄権35カ国で採択した。採択は27年連続だが、昨年から賛成国が10カ国減る一方、棄権は14カ国増えて過去最多となり、支持を広げられなかった。

 核兵器をめぐっては、保有や使用を禁じる核兵器禁止条約が来月22日に発効する。同条約の批准を促す決議案は7日、昨年よりも7カ国多い130カ国の賛成を集めて採択されたが、日本はこの決議案に反対した。日本が出した決議案では、採択されてから4年連続で同条約に言及していない。

 日本の決議案に昨年は賛成し、今年は棄権に回ったのは、マレーシアやコスタリカといった核兵器禁止条約の推進国のほか、カナダやフランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、スペインなど。米国と英国の賛成は取り付けたが、西側諸国とは文言調整ですれ違いがあったとみられ、核保有国と非保有国の「橋渡し役」を自任する日本としては厳しい結果となった。

 日本の決議案は、来年の核不拡…

この記事は有料会員記事です。残り237文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。