[PR]

 北海道釧路市の釧路赤十字病院の看護師だった村山譲さん(当時36)が自殺したのはパワハラなど職場のストレスが原因だとして、両親が労災を認めなかった国の処分取り消しを求めた訴訟で、母親で看護師の百合子さん(64)が裁判への思いを語った。訴えているのは、だれもが、安心できる職場で働いてほしいという願いだ。

 「●●先生に『お前はオペ室のお荷物だな』と言われて確信しました。成長のない人間が給料をもらうわけにはいきません。本当に申し訳ありません」

 譲さんが室蘭市の実家車庫で自殺しているのを父親で大工の豊作さん(67)が見つけた。2013年9月15日の朝だった。看護師になって半年足らず。A4判の紙にボールペンで書かれた遺書がかばんに残っていた。

 訴状によると、手術室の担当に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら