[PR]

 合唱活動をしていた中学校で相次いで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、文部科学省は8日、全国の教育委員会などに、合唱時は原則マスクを着用するよう求める通知を出した。一方、屋外で行う場合は間隔を最低2メートル空け、向かい合うことを避ければ着用は義務づけないとした。

 屋内の場合、マスクを着けた上で、児童生徒や指導者らの間隔を最低1メートルとり、常に換気し、近距離で大声を出すのを徹底的に避けるよう求めた。着用すべきマスクは、マウスシールドやあご部分の開放が広いマスクなどは「該当しない」とし、フェースシールドは「的確に扱わないと感染を拡大させる危険がある」として推奨していない。

 合唱以外のリスクの高い活動として、理科の近距離で行う実験や観察、音楽のリコーダーなどの管楽器演奏、体育の密集運動なども挙げ、注意を呼びかけた。(伊藤和行)