[PR]

 バレーボール男子日本代表のエースで、イタリア1部リーグ(セリエA)のミラノでプレーする石川祐希(24)の所属事務所は9日、石川が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性判定を受けたと発表した。

 事務所によると、ミラノはリーグで義務づけられている公式戦前の検査を7日に受け、8日に他の1選手とともに陽性が判明。同日の試合を欠場した。容体は安定しており、自宅で療養しているという。

 石川は愛知・星城高で高校総体、国体、全日本高校選手権(春高)の3冠を2年連続で達成。中大で日本代表に選ばれ、在学中にセリエAでもプレーした。卒業後はプロ選手としてイタリアへ渡り、一昨季はシエナ、昨季はパドバに所属。今季は9月に日本選手では初となるリーグ通算1千得点を達成した。