拡大する写真・図版雪組トップスターの望海風斗=兵庫県宝塚市

[PR]

 男役18年の花道を、楽聖ベートーベン役で飾る。麗しの美声で宝塚歌劇団を引っ張ってきた雪組トップスター望海風斗(のぞみふうと)の退団公演が、2021年の元日から始まる。初日まで1カ月を切ったいま、駆け巡る思いとは。

 取材の中で「挑戦」という言葉を何度も口にした。「舞台は私たちの戦場であり、輝く場所。今までで一番輝ける姿をお見せできるよう走り続けたい」。とにかく前向き。寂しい表情は見せず、いつも通りまっすぐ前を見据える。

ベートーベンは「新たな挑戦の扉」

 予定では、今年10月に宝塚に別れを告げるはずだった。それが新型コロナの影響で半年延びて、来年4月11日がラストデーに。「退団する日まで、応援してくださる方への感謝の気持ちを大切に舞台に立ちたい。それが今できる一番の恩返しかな」。公演中止期間に阻まれて、いっそう舞台に立てる喜びを実感するようになった。

退団公演の芝居の台本を初めて読んだとき、言葉を失ったといいます。その理由とは? 後半では、宝塚人生で大切にしてきた信念を語ります。

 横浜市生まれ。小さい頃は「シ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら