[PR]

 ラグビー元日本代表の五郎丸歩(34)が来年1月開幕のトップリーグを最後に現役を引退すると、所属するヤマハ発動機が9日、発表した。16日に記者会見を開く。

 五郎丸は3歳でラグビーを始め、佐賀工高、早大で活躍し、大学2年時に日本代表デビュー。身長185センチの大型FBとしてキッカーも務めた2015年のワールドカップ(W杯)イングランド大会では、強豪南アフリカを破るなど4試合で計58得点。日本史上初のW杯3勝に貢献し、キックの前の独特なポーズは社会現象にもなった。

 16年2月から豪州のレッズ、同年6月からフランスのトゥーロンに在籍したが、目立った活躍はできず17年にヤマハに復帰。18年にトップリーグ通算得点歴代1位となり、コロナ禍で中断された昨季まで1254点を積み重ねた。