[PR]

 大阪府八尾市の認定こども園で園児2人にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた元職員の和田敬之被告(32)の判決が9日、大阪地裁であった。松本圭史裁判長は「保育園職員の立場を利用した卑劣で悪質な犯行。刑事責任は重い」として懲役2年(求刑懲役3年6カ月)の実刑を言い渡した。被告側は控訴する方針。

 判決などによると、園児を送迎するバスの運転などの業務を担当していた和田被告は2017年7~8月、同園でプールの後で全裸だった女児2人(いずれも当時5歳)に背後から近づき、胸を触るなどのわいせつな行為をした。

 判決は、被告の犯行を目撃したとされる保育士にうその証言をする事情はなく、証言は信用できると判断。被告が公判で起訴内容を否認し、反省の態度がみられないなどとして、実刑を選択した。(米田優人)