[PR]

 柄本明と藤原竜也が、柄本演出の舞台「てにあまる」で5年ぶりに共演する。互いに才能を認め合う2人が、重い過去を共有する父子として、濃密な会話劇を繰り広げる。

 2015年の舞台「とりあえず、お父さん」での共演以来、再び柄本と共演することを熱望していたという藤原。

拡大する写真・図版藤原竜也(左)と柄本明=篠田英美撮影

 「本当に勉強になります。柄本さんとやることによって、自分の中で違う自分が見える。今のいい年齢でがっつりやらせてもらえて非常にありがたい」

 一方、「僕は、嫌だったんですけどね」と柄本。

 「藤原竜也っていう人が、僕の…

この記事は有料会員記事です。残り804文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。