[PR]

 大阪府議会で9日、府議の1人が健康福祉委員会にオンラインで出席した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これまでに7都府県の議会でオンラインで委員会に出ることが可能になっているが、実際に利用したのは今回の大阪が初めてだという。

 オンライン出席したのは、新型コロナ感染者の濃厚接触者になり、検査結果は陰性だったものの外出を自粛している大阪維新の会の前田将臣(のぶみ)府議。大型モニター越しに参加し、府幹部とやりとりをした。前田府議は「民間の場合、リモートで対応できない職場もある」と述べ、外出自粛期間のあり方を議論することを求めた。

 府議会は今年5月、常任委員会にオンライン出席できるように条例を改正した。感染症の流行や災害時だけではなく、育児や介護により出席が難しい場合も認めているが、本会議は対象外となっている。(増田勇介)