[PR]

 日本医師会の中川俊男会長は9日の会見で、自身の出身地でもある北海道旭川市で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化していることに触れ、「低温・低湿が南下してくることも相まって、地域医療が瀬戸際に追い込まれる状況にある。全国どこの市町村でも起こる可能性が非常に高い」と述べ、強い危機感を示した。

 旭川に自衛隊の派遣が要請されたことについて中川氏は「自衛隊に支援をお願いする、ということは地域医療提供の側からすると最終手段。そこまで追い詰められている」と述べた。

 感染拡大の原因については「移動歴のある社会活動が活発な世代からの感染が多いことが明らかになっている」と指摘。東京など都市部で自粛要請の期間が終わりに近づいていることを問われると、「政府もそうですし、都道府県もしっかりと決断してもらいたい。決断するのは今しかない」と述べ、行政が感染拡大の防止につながる措置をとるよう求めた。(斎藤徳彦)