[PR]

 民間初の月探査を目指している日本の宇宙ベンチャー「ispace(アイスペース)」が9日、探査計画「HAKUTO―R」で着陸船や探査車に指令を出す管制室を公開した。白と黒を基調としたモダンな作りで、東京都中央区に新設された。アイスペースはまず着陸船を米国のロケットで2022年にも打ち上げ、23年に探査車の月面走行に挑む。

 管制室では、オペレーターや技術者ら約20人が着陸船の状態を確認したり、月の映像を受信したりする。シミュレーション設備で事前テストもできる。袴田武史代表は「ここは月と地球がつながる場所。月に着陸する瞬間をみなさんと共有できる。宇宙産業が発展するきっかけを生み出したい」と話した。

 月の南極や北極には氷の状態の水があるとみられ、有人探査する際に飛行士の飲み水や食料の生産に活用できると期待されている。アイスペースは探査車でこうした水資源を探したり、月への物資輸送技術を確立したりする狙いだ。月で採取した砂を米航空宇宙局(NASA)に販売する企業にも選定されている。(小川詩織