[PR]

 9日午前10時45分ごろ、千葉県市原市八幡で、「路上にイノシシがいる」と110番通報があった。近くの県立市原八幡高校のグラウンドで生徒がイノシシ1頭を発見、市原署員や地元猟友会関係者が捕獲した。けが人はいなかった。

 同高などによると、イノシシはグラウンドからテニスコートに逃げ込み、午後1時15分ごろに網で捕獲された。イノシシは体長110センチほどだったといい、峰島雄一郎教頭(52)は「こんな住宅街の近くに来るなんて想定外。住宅の方に行く前に捕まえてもらってよかった」と話した。(高室杏子)