[PR]

 米連邦取引委員会(FTC)と計48の州・特別区などの司法当局は9日、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで米フェイスブック(FB)をワシントンの連邦地裁に提訴した。FBが2012年に写真投稿アプリ「インスタグラム」、14年にメッセージアプリ「ワッツアップ」を買収したことについて、ライバル企業を取り込んで競争を阻む行為だと断定し、これら二つの事業の分離も視野に入れた是正措置を求めた。

 米司法省が10月にグーグルを反トラスト法違反で提訴したのに続き、当局側が巨大ITへの規制強化を狙う大きな節目となる。

 記者会見したニューヨーク州のジェームズ司法長官は、FBが将来性のある企業に目を付け、「買うか葬るか(buy or bury)」という戦略で臨んできたと指摘。「ソーシャル・ネットワーキング市場で独占的な地位を築き、広告を通じて巨額の富を得てきた」と批判した。

 FBのようなSNSでは、利用…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。