【動画】浅田真央サンクスツアー=河合真美江撮影
[PR]

 真央ちゃんと呼びかけたくなる愛らしさ、真央さまとひれふしたくなる艶(あで)やかさ。スケートの浅田真央が、アイスショー「サンクスツアー」で七変化を見せている。

 着物風衣装を翻して舞うのはオペラ「蝶々夫人」の悲恋。海軍士官役の男性キャストと流れるようなスケーティングをみせるかと思えば、不穏なメイクで黒い鳥になり、妖しい世界に誘いこむ。こんな顔があったんだ――。

よみがえるソチのラフマニノフ

 そしてラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。いまだに記憶に刻まれているひとも多いだろう、2014年のソチ冬季五輪。ショートプログラムのミスで、まさかの16位に沈んだ翌日のフリーの演技がよみがえる。この曲にのってジャンプを次々に決めていく圧巻のスケーティングを、世界中のファンが歓喜で見守った。伝説になった十八番を、このツアーでは男性キャストとなんて楽しそうにすべるんだろう。

サンクスツアーはどうしてうまれ、どう進化しているのか。子どもたちへのメッセージは。思いのたけを語ります。

 兵庫県尼崎市の尼崎スポーツの…

この記事は有料会員記事です。残り1256文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1256文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1256文字有料会員になると続きをお読みいただけます。