[PR]

 「万葉集」に古きよき日本の原像をみる人は多い。ただ、背後に広がる古代東アジア世界の息吹を感じ取る人は少ないかもしれない。万葉学者、上野誠・奈良大教授(60)の近刊『万葉集講義』(中公新書)は、そこに秘められた国家整備の構造的メカニズムをえぐり出す。ねらいは、この「国民文学」がまとう通説の打破。なかなかに、とんがった内容なのだ。

 奈良時代に成った歌集「万葉集」。全20巻4500を超える短歌や長歌を収め、貴族層のみならず名もない庶民の歌も網羅する。素朴でおおらかで、どことなく牧歌的。現代人は、そんな霞(かすみ)たなびく箱庭のごとき日本的原風景を思い浮かべがちだ。

 ところが、上野さんは言う。「きわめて中国的できわめて日本的なもの、それが万葉集。融合プラスα、ハイブリッドのすばらしさがあり、外来文化との比較でよさが見えてくる」。その誕生の淵源(えんげん)には中国の詩文集「文選」があり、漢字文化圏の世界的視点で眺めなければ本質は見えない、というのだ。

 そもそも歌とは口承文学。歌い手と聴き手、口から耳への伝達媒体だ。5音句と7音句がつむぐリズムも心地よい。ところが、文字で歌が記録されるようになると、いつ、どこで、誰が歌ったのかという属人性が意識され始め、表現への創意工夫も芽生える。個人の心情を盛り込んで後世に残したいとの思いも募る。そこに時間軸が生まれた。歌集の登場だ。記紀が事跡でたどる歴史なら、万葉集は歌でつづる「歴史」である。

 上野万葉学のめざすところは歌…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら