[PR]

 千葉県船橋市の住宅街の片隅に、怪しげな駄菓子屋があるという。同市本町5丁目の「リュウ君の店」。どんな人が経営し、何が人を引きつけるのか。記者が訪ねてみた。

 JR船橋駅から徒歩5分。駅前の歓楽街を抜けて細い路地を進んだ行き止まりに店はあった。薄汚れた青と黒色の外壁に、トタンでできた軒先。2階には洗濯物が干してある。

 薄暗い店内は8畳ほど。昔懐かしいアメやせんべいなど、10円から買える駄菓子が壁際に並べられ、香ばしいにおいが漂う。「ブラックサンダーデストロイ」「水あめ防衛軍」。100円~300円ほどの不気味な名前の一品もあった。

「自動販売き」実は… 粋な店主は、元銀行員

 妙なものが目についた。店の奥に、縦横30センチほどの赤いガチャガチャが置いてある。「10円を入れても何も出てこない『恐怖の自動販売き』」。何だろう。

 「10円を入れてもなーんにも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。