[PR]

 能舞台のつり天井の改修工事のため、福岡市中央区の大濠公園能楽堂が1年間の休館に入るのを前に、九州の能楽師らが27日、能「松風」の特別公演を開催する。新型コロナウイルスの感染拡大で、福岡では4月からほとんどの能公演が中止に。さらに主要な公演の場である能楽堂の長期休館は、九州に約80人いる能楽師にとっても大きな痛手だ。出演する小鼓方(こつづみかた)の重要無形文化財保持者(人間国宝)、大倉源次郎さん(63)は「九州の能楽界を元気づけたい」という。

拡大する写真・図版大倉源次郎さん=2020年12月8日、福岡市博多区、関田航撮影

 「九州は黒田や細川、島津ら有…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら