通用せぬ「今まで」、クランクアップも奇跡 吉田羊さん

有料記事エイジンググレイスフリー

前田育穂
[PR]

俳優・吉田羊さん

 生活も仕事も、学びも遊びも、すべて「今まで通り」が通用しなくなった今年。私たちは問われた。変われるか。そして、変わってしまった世界にも希望を見いだせるか。緊急事態宣言を受け、主演する刑事ドラマ「コールドケース3 ~真実の扉~」(WOWOW)の撮影が2カ月中断しても、吉田さんの心は折れなかった。

 「なるほど、今年はこういう年かと。根本的に楽観的なのもあると思うんですけど。物事が変化する時には必ず、何かしらの痛みを伴いますよね。もちろん、今も悲しい思いをされていらっしゃる方もいらっしゃるので、一概には言えないのですが、痛みが大きいほど、大きく変われるチャンスかも知れない。そう信じて、今しかできないことをしようと、なるべくポジティブに考えるようにしていました」。

 ステイホーム中の日課は、備蓄の食料を活用した自炊に、オンラインの英会話講座、ピアノの練習。「料理ぐせがつきました。外で食べるより、買って帰るより、家で作った方が早いと思うようになったのは大きな変化ですね」と吉田さん。よく作るのは、具だくさんのみそ汁だという。

 また、旧知のプロデューサー…

この記事は有料記事です。残り1531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

エイジンググレイスフリー

エイジンググレイスフリー

「人生100年時代」が近づくいま、50歳はちょうど中間地点。変わる身体、働き方、家族との関係……。「Aging Gracefully」(エイジング グレイスフリー)は、家庭や職場、地域で大事な役割を担うミドルエイジの女性たちの「いま」と「これから」を見つめ、自分らしく年齢を重ねていくことを応援する特集です。[記事一覧へ]