[PR]

 東京都は10日、中国への返還期限が今年末に迫っていた上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダ・シャンシャン(メス3歳)について、同園での滞在を来年5月末まで延長すると明らかにした。所有権を持つ中国と東京都が協議していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渡航の調整が進まず、越年することになった。

 シャンシャンは2017年6月、ジャイアントパンダのリーリー(オス15歳)とシンシン(メス15歳)の赤ちゃんとして、上野動物園で5年ぶりに誕生した。17年12月に一般公開され、愛くるしい姿を一目見ようと、数時間待ちの行列ができた。当初、2歳になる19年6月に中国へ渡る予定だったが、都が中国側に要請し、今年末まで1年半の延長が認められていた。

 小池百合子知事は10日夜、報道陣の取材に、新型コロナの影響でパンダの輸送に関わる日中の専門家の渡航が困難になったとして、「総合的に判断して中国側と合意した」と述べた。

 また、都は、リーリーとシンシンについても、来年2月の返還期限が5年間延長されると明らかにした。(長野佑介、軽部理人