[PR]

 性暴力の根絶を訴え、花を手に街頭に立つ「フラワーデモ」が三重県内で始まって11月で丸1年を迎えた。親子たった2人から始まったデモは県内各地に広がる大きな流れになった。

 11月11日、志摩市阿児町鵜方の交差点では、三重県のデモ立ち上げ人の長田伊央さん(47)ら約10人が集まった。

 参加者は花や「性暴力ゆるさない」などと書かれた看板を手に、並んで立った。

 自身も性暴力の被害者である長田さんはマイクを手に「被害のトラウマの治療で、事件当時のことを思い出した後、悪寒や吐き気などに苦しんだ」と話した。

12月11日も三重県内の志摩、伊勢、鈴鹿、津の4市でフラワーデモが開かれます。詳細は三重のフラワーデモのツイッターアカウント(@flowerdemoMie)で発信しています。

 長田さんは、愛知県で実の娘に…

この記事は有料会員記事です。残り790文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。