[PR]

 市役所内で正当な理由なく金属バットを持ち歩いたとして、石川県警は10日、七尾市議の杉本忠一容疑者(77)を県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕し、発表した。杉本容疑者は「バットを持って歩いたことは間違いないが、素振りなどの運動のためだった」と話しているという。

 七尾署によると、杉本容疑者は10日午前10時半ごろ、市役所内で金属バット1本を携帯し、周囲を不安にさせた疑いがある。目撃した職員が、庁舎前で交通安全イベント中だった警察官に通報。3階の議会棟で任意同行を求めたが応じなかったため、午前11時20分ごろ現行犯逮捕したという。

 市議会議長の杉木勉氏によると、杉本容疑者は逮捕される直前、議会棟ロビーで杉木氏と10分ほど面会。議会運営の不満を訴えていたという。面会の際に脇にバットを置いたため、市職員が隙を見てバットを奪い、面会後に身柄を確保したという。

 杉本容疑者は8日の市議会一般…

この記事は有料会員記事です。残り238文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。