[PR]

 前回の記事はわりと読まれました。ネットなどで反応のコメントを見ていますと、たまに、「レジ係が手袋をすることによって、客から客への感染を防止することはできなくても、客からレジ係への感染を防止できる」という誤解があるようです。実際のところは、つけっぱなしの手袋はレジ係の自衛にも役に立ちません。ウイルスで汚染された手袋で自身の顔に触ったら感染する可能性があります。仕事が終わって帰るときに手袋を脱げばウイルスを自宅に持ち帰るリスクが減る、とお考えの方もいらっしゃいましたが、きちんと手を洗えば素手でも同じです。

 つけっぱなしの手袋に利点があるとすれば、皮膚が弱くてアルコールなどの手指消毒薬が使えない人が、手袋をした上で消毒薬を使うといった特殊なケースが考えられます。手袋に小さな穴が開いたり消毒が不十分になりがちになったりするため、医療の現場では手袋をしたままアルコール消毒を行ってはいけないことになっていますが、レジ係が使うぶんには許容範囲内だと個人的には思います。逆に、手袋をつけっぱなして手が荒れる人もいるでしょうから、ケース・バイ・ケースで判断したほうがいいでしょう。

 こんなこともありました。セルフサービスで食べ物をよそう、いわゆるカフェテリア形式の食堂でランチを食べたのですが、トングやおたまは、手を洗った上で使い捨て手袋をつけて触るようになっていました。トングやおたまは共用ですので、誰かがウイルスで汚染された手で触ると感染が広がる可能性はあります。しかし、手洗いをした上で手袋までつけるのは、ちょっと大げさすぎるように思いました。新型コロナウイルスの接触感染は、事例はあるものの、感染の主な経路ではないことがわかってきています。気になるなら食べる前にもう一度、各自で手洗いをすればいいのです。

 まあ、感染対策を厳重にするのはいいでしょう。でも、その食堂では、普通にマスクを外しておしゃべりをしている人たちがたくさんいました。言うまでもありませんが、食事のときの会話は感染リスクがかなり高いです。トングを触るのに手袋までして、一方でマスクなしでおしゃべりをするのは感染対策としてはアンバランスです。確かにそのときの福岡の状況はそれほど感染リスクは高くなく、大人数ならともかく昼食時に少人数で会話を楽しむことを禁止するほどではなかったかもしれません。だったら手袋も要らないはずです。感染対策の力のいれどころは難しいと思った次第です。

酒井健司

酒井健司(さかい・けんじ) 内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。