[PR]

 防衛省は11日、自衛隊の看護師ら計7人を大阪府内の大阪コロナ重症センターと、府立中河内救命救急センターに派遣すると発表した。吉村洋文・大阪府知事から同日朝、新型コロナウイルスに対応する医療従事者が不足しているとして正式な災害派遣要請があった。

 活動期間は15日から2週間。看護師2人と准看護師5人が2チームにわかれ、重症者の看護や人工呼吸器の管理などに当たる。11日、防衛医科大学校から派遣される看護師の星野清香・2等陸尉が岸信夫防衛相から大臣室で激励をうけ、「全力で任務を全うします」と述べた。

 また、防衛省は11日、感染者…

この記事は有料会員記事です。残り605文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り605文字有料会員になると続きをお読みいただけます。