[PR]

 北海道議会環境生活委員会で11月、道見泰憲道議(自民党・道民会議、札幌市北区選出)がアイヌ民族をめぐる道の施策について、「国や道はアイヌの人々を甘やかしている」との趣旨の発言をした問題で、道見氏は「甘やかしている」の部分を「過保護にしている」と訂正した。同委員会が10日、明らかにした。

 道見氏は11月24日の同委員会で、アイヌ民族の格差解消などを目的とした施策について質問した。「格差が縮まらないのは政策に問題がある」とし、「アイヌの人々を甘やかしているのは国であり道であり、アイヌの人々自身ではないか」と発言。ほかの会派の道議が削除を要求していた。

 委員会終了後、道見氏は取材に「発言の趣旨は変えず、より適した柔らかい言葉に替えた」と話した。

 道見氏はかねて、アイヌ民族への財政支援策が「アイヌ利権」を生んでいるとの持論を主張しており、24日の委員会では「支援のスパイラルから抜け出したくない思いがアイヌの人々や、道に見え隠れしている。このままではアイヌ文化は消滅する」という趣旨の発言もしていた。(斎藤徹)