[PR]

 パナソニックは来年6月に津賀一宏氏が社長職を退き、後任に楠見雄規(くすみゆうき)・常務執行役員が就く。2022年4月には持ち株会社に移行する。9年にわたり巨大企業を率いてきた津賀氏に、その目的や会社の将来像を聞いた。

拡大する写真・図版インタビューに応じるパナソニックの津賀一宏社長=大阪府門真市

 つが・かずひろ 1956年生まれ。1979年に松下電器(現パナソニック)に入り、主に研究開発畑を歩んだ。2012年6月に創業者の松下幸之助を除いて同社最年少の55歳で社長に就任。プラズマテレビをはじめとする赤字事業からの撤退を進める一方、テスラとの協業など家電以外の事業の育成に取り組んだ。東京五輪・パラリンピック組織委員会の副会長。趣味はドライブとゴルフ。

「優しい人」でも改革しやすく

 ――なぜ、会社の形を大きく変えるのでしょうか。

 「いまの形では、全体がじり貧で沈んでいく。これを脱する必要がある。過去の松下電工や三洋電機の買収で、事業部門が増えた。社長就任後に整理し、それぞれの部門が(何をしているのか)よく見えるようになった。一方で、自分の部門が苦戦していても、ほかでカバーしてくれるという意識が出てきてしまった」

 ――持ち株会社化で体質は変わりますか。

 「事業ごとに会社を分けることで、それぞれが競争力を高め、自分たちの将来を自分たちで決められる形にした。誰もが会社を引っ張るというマインドに変わってくる。ブランドの利用やITインフラの整備といったグループ全体に関わるものは、(司令塔の)持ち株会社を通じて、大きな会社のよさを生かす」

拡大する写真・図版会見後、握手を交わす新しく社長に就任することが決まったパナソニックの楠見雄規常務執行役員(右)と津賀一宏現社長=2020年11月13日午後、大阪市中央区、細川卓撮影

 ――新社長には何を期待しますか。

 「私がしてきたことと大きくは変わらない。持ち株会社化で経営はやりやすくなるはずだ。(事業構成の入れ替えがしやすい)冷徹な仕組みにした。私はよく冷徹さに欠けるといわれたので、優しい人でも(改革を)できるようにした」

 ――電池を納める電気自動車(EV)最大手の米テスラとの関係はどうしますか。

新社長選任の理由について「今は『戦時』だから、合理的なタイプがいい。手遅れにならないうちに冷徹な判断をする方が。」と社外取締役の冨山和彦氏が語ります。記事後半で詳しくご紹介します。

 「昔は小さな、いつつぶれるか…

この記事は有料会員記事です。残り3126文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら