[PR]

 京都市伏見区で昨年7月、京都アニメーション第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、京都地検は11日、殺人などの疑いで逮捕されていた無職の青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=について、事件当時の精神状態を調べる鑑定留置を終えた。地検は鑑定の結果、刑事責任を問えるとみて、勾留期限の16日までに起訴する方向で上級庁と協議する。

 事件は昨年7月18日午前10時半ごろ、第1スタジオで発生した。京都府警によると、青葉容疑者は1階にガソリンをまいて放火。3階建ての建物延べ約700平方メートルを全焼させ、当時、建物内にいた役員・社員70人のうち36人を殺害し、残る34人を殺害しようとした疑いがある。

 青葉容疑者は自らも重度のやけどを負い、約10カ月に及ぶ入院治療で会話できるまでに回復した。府警が今年5月27日、殺人や殺人未遂、現住建造物等放火などの容疑で逮捕していた。

 捜査関係者によると、青葉容疑者は事件直前にガソリンなどを購入。5月の逮捕時に容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思い、実行した」と供述したとされる。複数の京アニ作品を挙げ「(自分の)小説を盗まれた」とも訴えているが、青葉容疑者の名前で京アニに応募のあった小説に、同社作品との目立った類似点は確認されていない。

 地検はこうした捜査状況を踏まえ、裁判で刑事責任能力が争点になる可能性があり、専門家の鑑定が必要だと判断。6月9日から6カ月間、青葉容疑者を鑑定留置し、刑事責任能力の有無や程度を調べていた。