[PR]

 政府は11日、安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会の費用負担をめぐる事実関係について、「安倍前首相個人の政治活動に関するものであり、政府として答える立場にない」とする答弁書を閣議決定した。

 夕食会をめぐっては、安倍氏側が費用を一部負担していたことが明らかになり、安倍氏が在任時に「事務所側が補塡(ほてん)したという事実も全くない」などとした国会答弁との整合性が問われている。立憲民主党の中谷一馬衆院議員の質問主意書に答えた。

 菅義偉首相は官房長官時代の答弁をめぐり「事実がもし違った場合には当然、私にも答弁した責任がある。そこは対応する」と答弁しているが、答弁書は実際の責任の取り方について「仮定の質問であり、お答えすることは差し控えたい」とした。

 安倍氏が在任中、閣僚不祥事などの際に繰り返してきた「責任」との言葉の解釈については、「さまざまな文脈で使われていることから、一概に答えるのは困難」とした。(菊地直己)