[PR]

 東京大学は11日、次期総長の選考過程を調べた第三者委員会(委員長=元最高裁判事の泉徳治弁護士)の検証報告書を公表した。選考過程に対して多くの教員から批判が出ていたが、第三者委はその一部について問題点を指摘しつつ、選考は正しかったと結論づけ、やり直しは求めなかった。

 五神(ごのかみ)真総長は会見で大学のガバナンスに対する社会的信頼を損ねたとして「深く反省している」と陳謝した。総長選考会議の小宮山宏議長(元東大総長)は一連の混乱を受け、退任の意向を示しているという。

 第三者委は5人の弁護士で構成。10月半ばから関係者へのヒアリングなどを実施し、選考過程を調べた。経済人や大学幹部らでつくる総長選考会議が10月2日、来春からの次期総長に藤井輝夫副学長を選んだが、この結果について「正当に成立し、全く問題のないもの」とお墨付きを与えた。

 今回の選考では、1次候補10人が2次候補3人に絞り込まれた経緯が問われた。学内の投票で上位だった候補が外される一方、藤井氏を含む工学部系の2人が残ったため、工学部出身の小宮山氏が誘導したとの疑念が生じていた。小宮山氏の議事運営に関し、第三者委は「やや疑問を呈さざるを得ない」と言及したが、選定を無効にするほどのものではないと報告した。

 選考後には選考会議の録音デー…

この記事は有料会員記事です。残り66文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り66文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り66文字有料会員になると続きをお読みいただけます。