[PR]

 「虫も殺せない気の小さい子だった」

 法廷で明かされた幼いころの性格は、後に起こす事件の凄惨(せいさん)さとは懸け離れたものだった。2017年、神奈川県座間市で2カ月の間に9人を殺害し、遺体を解体して捨てたとされる白石隆浩被告(30)は母親に愛されたおとなしい少年だったという。そんな彼がなぜ、「首吊り士」と名乗って次々と若者を誘い、そして襲ったのか。裁判で示された証拠や被告の発言、これまでの取材から浮かび上がった被告の変化とは――。

 1990年10月30日。自動車部品を設計する父親と母親の間に、長男として東京都町田市に生まれた。妹ができ、座間市の一軒家へ。幼少期を過ごしたのは、現場となったアパートから約2キロ離れた住宅街だった。

 「一緒に暮らしたころの隆浩を思うと、事件が信じられない」。公判で読み上げられた供述調書で、母親が息子の過去を振り返った。

 内弁慶な子どもだった。幼稚園のサッカークラブはボールを回してもらえず、続かなかった。小学生になると、テレビゲームに熱中した。1日2時間という約束を守れず、口げんかが増えた。でも、年1回は旅行に行く「どこにでもいる家族」だった。

 地元の中学では野球部に入った…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら