[PR]

 日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命拒否された問題で、立憲民主党は11日、杉田和博官房副長官が6人の除外を指示したとみられる政府の内部文書を公表した。

 菅義偉首相は先の臨時国会で、杉田氏と相談して任命拒否を決めた事実を認めたため、野党側が経緯を記録した文書の開示を要求。内閣府が10日、約200枚の資料を参院予算委員会の理事に示した。

 このうち、内閣府が作成したとされる資料に、内閣府が任命の決裁文書を起案した「令和2年(2020年)9月24日」を示す日付と「外すべき者(副長官から)」との文字が手書きで記され、その下の部分は黒塗りになっていた。

 野党筆頭理事の森ゆうこ氏(立憲)によると、11日の理事懇談会で、政府側は「副長官」は杉田氏のことと認めたが、黒塗り部分は「人事に関すること」として説明を拒んだ。加藤勝信官房長官は11日の記者会見で「『外すべき者』とは、6人を任命しないとの総理の判断が内閣府に伝えられ、それを事務方が記録したものだ」と説明した。

 共産党の志位和夫委員長は会見で「杉田氏が深く関与していたことがこの資料で明瞭になった。杉田氏の国会の招致を強く求める」と述べた。(小林豪)