[PR]

 長崎県警佐世保署の交通課の男性警部補(41)が10月、上司からのパワーハラスメントを示唆する遺書を残して自殺した問題で、県警は11日、警部補に対する不適切な言動をパワハラと認定し、交通課長の50代男性警部を戒告の懲戒処分とし、発表した。また、管理監督責任を問い、宮崎光法署長を本部長注意とした。課長と署長は11日付で依願退職した。

 県警監察課によると、課長は4~9月に週1回程度、同僚の面前で警部補と別の男性署員に対し、「お前には能力がない」「できなかったら(役職を)やめろ」と繰り返し叱責(しっせき)した。課長は県警の聴取に「未処理事案に焦りが生じ、行きすぎた指導になった」と話したという。県警はパワハラが自殺の「要因になっていないとは言えない」としている。

 また、課員に圧力をかけ、時間外勤務を申告しづらくしていた。警部補が4月以降に申告したのは月平均40時間程度だったが、それよりかなり多かったとみられるという。

暴力団らにLINEで情報漏らした警官も処分

 県警幹部は11日、遺族を訪ね…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら