[PR]

 香港司法当局は11日、中国共産党政権に批判的な論調で知られる香港紙「リンゴ日報」創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏(72)を、香港国家安全維持法(国安法)に違反した罪で起訴した。外国勢力と結託し、国家の安全に危害を与えたとしている。香港の民主化運動に影響力を持つ重鎮の起訴で、民主派に対する政権側の弾圧がさらに進むことになりそうだ。

 詳しい起訴内容などは明らかになっていない。裁判所は12日に最初の審理を行うとしている。国安法違反の最高刑は終身刑。国安法違反事件は香港行政長官が指名する裁判官が裁くことになっており、厳しい判決が出る可能性がある。

 黎氏は8月、リンゴ日報を傘下に持つ大手メディアグループ「壱伝媒」の複数の幹部とともに国安法違反などの容疑で逮捕された。警察は黎氏らが外国勢力を資金面で支援し、香港への制裁を要求したとしている。

 黎氏は1989年の天安門事件…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら