[PR]

 柔道の男女14階級で唯一、東京オリンピック日本代表が決まっていなかった男子66キロ級の代表決定戦が13日、東京・講道館で開かれ、2017、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=が、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破った。阿部は初の五輪代表に選ばれる。妹の詩(20)=日体大=は女子52キロ級代表に決まっていて、来夏の五輪では「きょうだい優勝」をめざす。

 日本柔道界で初となる、1試合だけの「ワンマッチ」形式による五輪代表決定戦。本戦の4分間では決着がつかず、延長戦にもつれ込んだ。延長戦も互いがゆずらず、20分が経過。最後に、阿部が丸山に優勢勝ちした。

 母校の日体大を中心に稽古を積んできた阿部は、10日に発表したコメントで力強く決意表明していた。「しっかりと勝つ準備をしてきました。豪快な一本を取りにいく自分の柔道をして勝ちきり、オリンピック代表内定を必ず決めます」

「最高の状態」で迎えた決定戦

 阿部は17、18年世界選手権を連覇し、東京五輪代表の最有力候補になった。しかし、昨年は度重なるけがに苦しめられ、その間に丸山が台頭。実力伯仲のライバルとの代表争いはもつれにもつれた。

 阿部を指導している日体大柔道…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら