[PR]

 岐阜県土岐市図書館で4カ月間に1659冊の閉架図書を閲覧請求するなどして「図書館運営に支障をきたした」として、市教育委員会が昨年11月、利用者に対して、無期限で入館・利用を禁止する処分をしていたことがわかった。利用者は処分の取り消しを求める行政不服審査請求をしたが、市は請求を棄却する裁決書案をまとめ、10日、市議会に提出した。

 裁決書案などによると、この利用者は1日で最大88冊の閉架図書の閲覧を請求。館内で閲覧する場合は必要のない貸し出しや返却の手続きも、1日で最大134冊分したという。市教委は昨年11月18日付で入館・利用禁止の処分を利用者に通知した。(戸村登)