[PR]

 兵庫県警は12日、同県香美町立香住小学校の校長、楠田千晴容疑者(54)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。楠田容疑者は「自分で使うために所持していた」と容疑を認めているという。

 逮捕した尼崎南署によると、楠田容疑者は12日午前6時40分ごろ、同県新温泉町浜坂の自宅でチャック付きポリ袋に入った覚醒剤1袋を自分のカバンに入れて所持していた疑いがある。別の覚醒剤事件の捜査で同容疑者の名前が浮かび、署員がこの日、同法違反(譲り受け)の疑いで自宅を捜索したところ、覚醒剤が見つかったという。

 香美町教育委員会によると、楠田容疑者は今年4月から同校の校長に着任したという。