[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、海外留学を予定していた大学生たちが足止めされている。終息が見通せない中、休学する学生も相次いでいる。留学を看板にしている大学もあり、入試シーズンを控えて対応に追われている。

 「グローバルな視点を磨くため、全員が英語圏の大学へ1年間留学」

 同志社女子大学芸学部(京都府京田辺市)の国際教養学科は、学科の特徴の一つに留学を挙げる。2年の秋学期から約1年間、米国やカナダ、英国、豪州、ニュージーランドの5カ国30大学のどこかへ留学することを必須にしている。

 ところが今年度は、新型コロナの影響で難しい状況だ。対象の学生72人のうち、7割にあたる51人が秋学期から1年間休学し、来年度の留学に望みをつなぐ道を選んだ。

 2年の鈴木南巳(なみ)さん(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。