三浦春馬、最後の主演作「天外者」 人生の集大成を見た

有料会員記事

林瑞絵・映画ジャーナリスト
[PR]

映画評)天外者

 三浦春馬、最後の主演作。そう思うと見るのが怖かった。だが「自分の代表作にしたい」と本人が全身全霊で挑んだという触れ込みに値する逸品だった。花も実もある天外者(てんがらもん、凄い才能の持ち主)俳優の躍動する役者魂が刻まれている。

 近代日本産業の礎を築いた実在の男、五代友厚が主人公。時代を牽引(けんいん)する風雲児の半生を、大胆に脚色した血潮漲(みなぎ)る熱いドラマだ。

 五代(三浦春馬)は活(い)…

この記事は有料会員記事です。残り539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。