[PR]

 大阪府は12日、新型コロナウイルスによる死者を新たに6人確認したと発表した。12月の死者は計82人となり、月別で過去最多となった。こうした状況を受けて吉村洋文知事はテレビ朝日の番組で、大阪市を対象にした政府の観光支援策「Go To トラベル」の一時停止などについて、延長するよう政府に求めたことを明らかにした。

 府内の死者は12月7~10日、4日続けて9人となっていた。12月に入ってわずか約2週間で、これまでで最も多かった11月の78人を上回った。症状が急に悪化するなど重症病床に移る前に死亡するケースも多いという。都道府県別の12月の死者数は12日発表時点で北海道は114人、東京都は46人となった。

 「トラベル」は大阪市と札幌市を対象に15日まで一時停止か自粛要請となっている。吉村知事は番組で、西村康稔経済再生相に延長を要請したことを明らかにし、期間については「政府が決めることになる」とした上で、12月25日か28日までになるという見通しを示した。

 大阪市北区と中央区の居酒屋などへの15日までの時短要請については「市内全域にすべきだと思っていて、松井(一郎大阪)市長と協議している。月曜日に判断したい」と話し、延長を前提に対象区域を広げる検討をしていることを明らかにした。

 また、新型コロナウイルスの国内感染者は3041人が確認され、初めて3千人を超えた。1日当たりの感染確認はこれまで、10日の2971人が最も多かった。12日は東京都の621人のほか、高知(27人)など6県で最多を更新。京都府(75人)などは最多に並んだ。京都の花街、祇園甲部と先斗町の組合は舞妓(まいこ)6人、芸妓(げいこ)2人ら計10人が新たに感染したと発表した。