[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、政府は観光支援策「Go To トラベル」について、新たに東京都を一時停止とする方向で調整に入った。コロナ担当の西村康稔経済再生相と小池百合子都知事は13日午後、東京都内で会談した。小池氏は終了後、記者団に対して「調整中です」とのみ語った。

 政府関係者によると、13日までに政府は、東京都を目的地とする旅行は一時停止、都内発の旅行も自粛要請とする方向で、都に検討を要請した。政府内には「愛知県についても一時停止は不可避だろう」(別の政府関係者)との声もある。

 西村氏は13日午前、NHKの討論番組で、都や愛知県の「トラベル」を一時停止にするかどうか問われ、「それぞれの知事と協議を進めている。今日もまた午後に話をしたい」と述べた。「知事の意向を踏まえ、最終的には国が判断していく」とも語った。

 都の「トラベル」については現在、65歳以上の高齢者と基礎疾患がある人に自粛を呼びかけている。これに対し、感染症や経済の専門家らでつくる政府の新型コロナ対策の分科会は、年代や基礎疾患の有無を問わず、全ての人を対象に一時停止するよう求めている。

 札幌、大阪両市についてはすで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら