[PR]

 来夏の東京オリンピックに出場する柔道の男子66キロ級日本代表決定戦が13日、東京・講道館で開かれ、2017、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=がトータル24分間の試合の末、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破った。阿部は初の五輪代表。妹の詩(20)=日体大=は女子52キロ級日本代表に内定していて、きょうだいで五輪出場を決めた。

 阿部は神戸市出身。6歳で柔道を始めた。兵庫・神港学園高から日体大を経てパーク24に所属。背負い投げや袖釣り込み腰が得意の攻撃的な柔道スタイルで、17年世界選手権を20歳で初制覇。18年に連覇した。

 柔道は男女14階級。他の13階級は2月までに代表が決まった。阿部と丸山が競り合った男子66キロ級は、最終選考会として設定された4月の全日本選抜体重別選手権、12月のグランドスラム東京が新型コロナウイルスの影響で相次いで中止。そのため日本柔道界では初の「ワンマッチ」形式による五輪代表決定戦になった。これで全ての階級で五輪代表が決まった。