[PR]

 今月7日に行われたプロ野球の12球団合同トライアウトに臨んだ新庄剛志さん(48)が13日、自身のインスタグラムを更新し、日本プロ野球界への復帰を断念することを明かした。

 新庄さんは「1%の可能性を信じてやって来たが、今日0%になりただただ悔しいし情けない、身の程を知りました!」「しかしいくつになっても挑戦した自分に悔いはなし!」などと投稿。応援してくれたファンへの感謝もつづった。

 阪神や大リーグなどで活躍した新庄さんは、日本ハムでプレーした2006年に引退。だが、野球に対する思いは衰えず、海外に住んでいた1年以上前から、トレーニングをしてきた。トライアウトでは三塁や二塁などの守備につき、3打数1安打の成績を残した。