[PR]

 体操・全日本個人総合選手権男子で初優勝を飾った萱(かや)和磨(セントラルスポーツ)の脳裏に焼き付いて離れないシーンがある。

きっかけは「栄光の架け橋」

 16年前の夏。テレビには日本体操界のエース冨田洋之が映っていた。アテネ五輪団体総合の決勝。鉄棒から飛び立った冨田が「栄光への架け橋だ!」という名実況とともに、マットの上にピタリと降り立った。金メダルの瞬間だ。

 「これやりたい!」「これやりたい!」。おとなしくて泣き虫で自己主張があまりなかった7歳の少年は母・恵子さんに言った。自らの強い意志で、体操を始めるきっかけとなった。

 24歳になった今も、夢はそのときから変わらない。五輪の舞台で日本のエースとして金メダルを取る。初の全日本王者をかけた最終種目の鉄棒では、最終演技者としてすべての視線が降り注がれる中、自らにこう言い聞かせた。

 「東京オリンピックでも絶対、こんな場面が来る。こんなところでできなかったら、オリンピックで絶対できない」。あの時の冨田と同じ、着地をピタリと止める完璧な演技で、14・633をたたき出した。

「今までで一番悔しい時」

 4年前の悔しさが萱をさらに突き動かした。

 2016年リオデジャネイロ五…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら