[PR]

 宮崎県は13日、宮崎市の養鶏場で死んでいたニワトリから、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。PCR検査を進めており、陽性なら県内では今季6例目の鳥インフルエンザ発生となる。

 県によると、この日午後、養鶏場から複数のニワトリが死んでいると、宮崎家畜保健衛生所に連絡があった。現地で簡易検査を行い、家畜保健衛生所に持ち帰って改めて簡易検査を行い、ともに陽性だった。鳥インフルエンザと確認されれば、飼っている約7万羽のニワトリ(採卵鶏)を殺処分する。

 宮崎県内では今季、日向市、都農町、都城市(2例)、小林市で鳥インフルエンザが発生している。(矢鳴秀樹)