[PR]

 東京オリンピックの柔道男子66キロ級日本代表決定戦が13日、東京・講道館で開かれ、2017、18年世界選手権王者の阿部一二三(23)=パーク24=が計24分間という熱闘の末、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=を破った。妹の阿部詩(20)=日体大=も女子52㌔級の日本代表に内定しており、きょうだいそろって初の五輪出場を決めた。同階級は男女計14階級のうち、唯一代表が決まっていなかった。新型コロナウイルスの影響で大会の延期や中止が続き、日本柔道界初の「ワンマッチ」形式による代表決定戦となった。4分間では決着がつかず、延長戦も20分間に及び、最後は阿部が技ありを奪った。

 “24分間”。新旧の世界王者は通常の6試合分の時間を戦い、決着をつけた。中継したテレビ局の想定を上回る激闘で、途中で打ち切りになるほど。「気持ちのぶつかり合いだった」と阿部一二三。畳をおりた瞬間、緊張が解けて涙腺が崩壊、声を上げて泣いた。

 担ぎ技を軸に攻撃的な阿部と、相手の動きを見ながら内股やともえ投げを仕掛ける丸山城志郎。過去7回対戦し、互いに、相手を研究し尽くしている。無観客での試合で、聞こえるのは両者のうめき声や息づかい。決定的な場面が出ないまま、時が過ぎた。

阿部の勝因は…

 それでも阿部が勝ったのは、攻…

この記事は有料会員記事です。残り368文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。