[PR]

 岡山県高梁(たかはし)市川上町高山市の山中で13日午後2時ごろ、洞窟の探査中だった立命館大学生、磯野祐紀さん(24)=京都市右京区常盤村ノ内町=が滑落したと、同行者から119番通報があった。磯野さんは頭を強く打ち市内の病院に運ばれたが、約2時間後に死亡が確認された。

 県警高梁署によると、磯野さんは大学の探検部に所属。この日は探検部の活動とは別に、部のメンバーら7人で入山し、午前10時半ごろから洞窟を調べたり、新たな洞窟の探査をしたりしていたという。

 崖から滑落する音を同行者の女性が聞き、十数メートル下に磯野さんが倒れているのを見つけた。署によると、崖は急勾配で岩肌が露出している。磯野さんが足を滑らせた可能性があるとみて調べている。